診療時間
09:00~12:00 × ×
17:00~20:00 × × ×

休診日:木曜日・祝日・日曜日午後

TEL:0120-611-916

〒663-8133 兵庫県西宮市上田東町4-30

予防医療

大切なことは病気にかからない、予防という医療

狂犬病予防

狂犬病予防

日本で最も人気のあるペットとしては犬が有名で、実際に大勢の人が犬を飼っていらっしゃいます。犬は気軽に飼うことができる一方で、育てる際には幾つかの重要なルールがあるので事前にしっかり確認しておくことが大切です。
犬を飼う場合に気をつけなければならないのが狂犬病予防です。

日本では狂犬病予防法という法律があり、生後から91日以上経過した犬は毎年一回狂犬病予防接種を受けなければならないと義務付けられているのです。もちろん動物病院である当院で予防接種を受けていただくことが可能です。もしもこれから犬を飼うことを検討している場合には、狂犬病予防のことは覚えておいていただきたく思います。

飼い主の責務を果たすためにも狂犬病予防接種は確実に受け続けましょう。

感染病予防

感染病予防

現代人は生活スタイルが多様化しており、一緒に暮らす動物も生活習慣が多様化していることもあって様々な経路から感染病にかかってしまうリスクがあります。動物が健やかに長生きするためには感染病予防を行うことが大切だと考えております。
動物病院でワクチンなどを接種するのはもちろん、定期的に健康診断を受けたり生活習慣や食習慣のことなどいつでもご相談ください。
ワクチン接種はどの動物にも効果を発揮しますが、動物ごとの生活習慣に合わせてオーダーメイドの感染病予防を行うことも大切です。例えば動物の年齢や普段からどのような食事をしているのか、定期的な運動習慣はあるのかなどによって感染病を患うリスクは変わってくるからです。

ノミ・マダニ

ノミ・マダニ

動物の健やかな健康と発育を保つためには、生活習慣を整えることや予防接種などを定期的に受けることなどが非常に大切です。特に病気になる前の段階で予防に力を入れておくと動物はいつまでも健康を保てます。 重大なワクチン接種などは欠かさず行っている人は多いでしょうが、重大な予防でありながらついつい見落としがちなのがノミ・マダニの予防です。
もしもノミ・マダニに感染してしまうと刺された部分が皮膚炎を起こしてしまいますし、さらにそこから被害が拡大する恐れがあります。

ノミ・マダニの予防は、予防薬を投与することです。一ヶ月に一回はノミ・マダニ予防薬の処方をおすすめしております。

犬フィラリア病

犬フィラリア病

最も人気があるペットの一種である犬は、なつきやすく飼いやすいメリットがあります。
しかし、病気にかかるリスクも高い動物であるため、飼う際には事前に予防接種などを確認しておくことが大切です。
狂犬病予防を行うことはもちろん重大な病気である犬フィラリア病予防も確実に行うことが大切です。

フィラリア病は寄生虫が血管に規制してしまう病気で、もしも寄生されると腎臓や肝臓などに障害が生じるリスクが高く、長生きできない可能性が高くなってしまいます。
犬フィラリア病予防は薬を投与することでできるので、定期的に当院に通っていただけましたら予防薬を処方させていただきます。 室内外の犬でも寄生のリスクがあることも覚えておきましょう。

皮膚病予防

皮膚病予防

現代では室内で生活するペット動物が増えたこともあり、かつてに比べてペットが皮膚病に感染するリスクは軽減されています。

しかしながら人と濃密に接することが増えたことやストレス発散の機会が限られていることから、皮膚病全体にかかるリスクは低くなっていないので、定期的な皮膚病予防を行うことが大切です。

ノミやダニの予防は薬を処方させていただくことで比較的容易にできます。
アレルギー性皮膚炎は、定期検診で血液検査を行うことでアレルギー体質が判明するので、検査結果に基づいて薬を処方すれば予防ができます。

大切なペットの健康を保ち、いつまでも一緒に過ごすためにも皮膚病予防・定期検診は非常に大切です。