毛の検査

こんにちは、獣医師の畔柳(くろやなぎ)です。

今日は皮膚検査の一つ、毛検査について紹介させて頂きます。

動物の皮膚が痒い、毛が抜けた、などの症状で来院された際、写真のような道具で毛を引き抜くことがあります。

ハサミのようですが、これは鉗子といって、先端のギザギザで目的のものをガッチリ挟んで掴むもの。

これで毛をしっかり挟み、引っこ抜くわけです。

毛が抜けたから診察に来たのに、さらに毛を抜くの?と、驚かれる飼い主様もいらっしゃるかもしれません。

抜いた毛は、顕微鏡で細かくチェックします。

毛の構造はおかしくないか?

真菌(カビ)が生えていないか?

寄生虫はいないかな?

毛の生え変わる周期は大丈夫かな?

などなど…

どれも痒み、抜け毛などの原因になるので、絶対に必要になる、大切な検査なのです。

ですが、毛を引き抜くと言うのはやはり抵抗があるもの…。

動物も診察台の上で緊張しているので、いつもより刺激を敏感に感じてしまう子もいます。

できるだけ痛くないように…と願いつつ、手加減すると、簡単に抜ける毛(休止期毛)しか抜けず、正しい判断ができないこともあるので、この検査では心を鬼にして!しっかり抜かせて頂きます。

検査が終わったら、よく頑張ったね~!!と、沢山褒めてあげてくださいね!

0120-611-916

お問い合わせ

>