去勢・避妊手術

  • HOME
  • 去勢・避妊手術

去勢・避妊手術はどうして大切なのでしょうか?

将来の病気予防・問題行動の抑制に繋がります

去勢・避妊手術が大切なのは、望まない繁殖が防げるだけでなく、将来の大きな病気が予防できたり、発情期の問題行動の抑制に繋がったりするからなのです。

例えばオスのワンちゃんの場合、高齢になると前立腺肥大症になったり、会陰ヘルニアや肛門周囲腺腫を発症したりすることがありますが、去勢手術を受けさせてあげることで、こうした病気を予防することが可能になります。
また避妊手術には乳腺腫瘍の発症率を大幅に低下させたり、子宮蓄膿症を予防したりできるとうメリットがあります。

このように去勢・避妊手術は、将来の病気予防とハッピーなペットライフの実現に繋がる大切なものですので、手術をご希望の方は西宮市・武庫川の武庫川動物病院へお気軽にご連絡ください。

去勢・避妊手術のメリット

去勢手術のメリット
  • 高齢のワンちゃんに多い前立腺肥大症が予防可能
  • 会陰ヘルニアや肛門周囲腺腫などの病気の予防に繋がる
  • マーキングや尿スプレーなどの問題行動の抑制が期待できる
  • 攻撃性の減少が期待できる場合がある

など

避妊手術のメリット
  • 乳腺腫瘍の発症率を大幅に低下させられる(初回発情前に手術を受ければ予防率は99.9%とされています)
  • 子宮蓄膿症などの病気の予防に繋がる
  • 偽妊娠の予防に繋がる
  • 大きな声で鳴くなどの問題行動の抑制が期待できる

など

手術や麻酔が心配な飼い主様へ

安全面に十分配慮して、1回1回気を引き締めて手術しています

去勢・避妊手術の際には、万全の体制を整えて安全面に十分配慮して手術を行っておりますが、去勢・避妊手術のうち特に避妊手術には「手術のエッセンスがすべて入っている」と言われています。
つまり、それだけ重要な手術ということですので、これまでに培った経験を過信することなく、1回1回、気を引き締めて手術しております。

麻酔器をリニューアルさせて安全性を高めています

去勢・避妊手術に際しての麻酔が心配な方も多いと思いますが、当院では麻酔器をリニューアルさせて、小さなワンちゃん・ネコちゃんにも安心な最新の麻酔器を使用しております。
責任を持って大切なご家族をお預かりし、安心・安全に手術を行わせていただきます。

手術中、モニターを使って動物たちの状態を常にチェック

去勢・避妊手術では全身麻酔が必要になりますので、手術の際には麻酔モニターを使用して、心電図、血圧、心拍数、呼吸状態、血中の酸素濃度、体温などを常時監視して、手術の安全性を高めております。

去勢・避妊手術の流れは?

去勢手術は基本日帰り・避妊手術は1泊の手術となります

ワンちゃん・ネコちゃんの状態によっても異なりますが、去勢手術は基本日帰りで、避妊手術は1泊の手術となります。
手術当日、午前中に当院へ連れて来ていただいて、14~16時ごろから手術を行い、術後の様子に問題がなければ去勢手術ではその日の夕方ごろ、避妊手術では翌日にお返しいたします。

去勢・避妊手術の流れ

1.手術前日の夜

手術前日の夜10以降は絶食でお願いいたします(飲水はかまいません)。

2.手術当日

手術当日の朝も絶食でお願いいたします(飲水はかまいません)。
その後、午前中に当院へ連れて来てあげてください。

3.手術

ワンちゃん・ネコちゃんをお預かりして、安心・安全に手術を実施します。

4.手術後

術後の様子に問題がなければ去勢手術ではその日の夕方ごろ、避妊手術では翌日にお返しいたします。

0120-611-916

お問い合わせ

>