皮膚病

ワンちゃん・ネコちゃんに多い皮膚の病気

アレルギー性皮膚炎にご注意ください!

ワンちゃん・ネコちゃんに多い皮膚の病気として、アレルギー性皮膚炎が挙げられます。
アレルギー性皮膚炎とは、食物アレルギー、ノミアレルギー、アトピーなどが原因で皮膚に湿疹や炎症が起こる病気です。
ひどくかゆがって体を掻いたり、頭を振ったりするなどの異変がある場合、アレルギー性皮膚炎の可能性がありますので、そのままにせずにお早めに西宮市・武庫川の武庫川動物病院へご相談ください。

アレルギー性皮膚炎の原因

食物アレルギー

特定の食物に反応して起こるアレルギーで、皮膚に炎症が起こるだけでなく、消化器などの臓器に症状が現れる場合もあります。

ノミアレルギー

ノミの唾液に反応して起こるアレルギーです。

アトピー

花粉やダニなどのアレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)により、特徴的な症状とかゆみを引き起こす皮膚炎です。

アレルギー性皮膚炎にいち早く気づくには?

ワンちゃん・ネコちゃんによっても異なりますが、一般的に1~2歳などの若い時に発症することが多く、発症するとひどくかゆがって体を掻いたり、頭を振ったり、毛質が変化したりするほか、発疹が現れることがありますので、普段から積極的にスキンシップを取っていち早く異変・症状に気づくようにしましょう。

アレルギー性皮膚炎の検査・治療は?

まずは飼い主様からこれまでの経過を詳しくお聞きした後、皮膚の状態を診させていただいて、必要に応じて各種検査を実施いたします。
最近では血液検査でアレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)を特定することが可能になっておりますので、そちらをおすすめする場合もあります。

診察や検査で診断した後は、アレルギー性皮膚炎の原因や現れている症状などに応じて、適切な治療方法をご提案いたします。
主な治療方法としてステロイドなどのお薬を使った治療、シャンプー療法、食事療法、サプリメント療法などがあり、個々のワンちゃん・ネコちゃんの状態に応じてご案内させていただきます。

皮膚の病気を予防するには?

普段のスキンケア・スキンシップが大事です

アレルギー性皮膚炎などの皮膚の病気を予防するには、普段のスキンケアが大事です。
ワンちゃん・ネコちゃんの皮膚を乾燥から守ったり、反対にベタつかないようにしてあげたりして、できるだけ皮膚の病気の発症を予防するようにしましょう。
また、日常的にスキンシップをとって、いち早く異変に気づけるようにしておくことも大事です。

皮膚の病気はお薬で予防することが可能です

ノミやダニなどが原因で起こる皮膚の病気は、お薬を使って予防することが可能です。
またアレルギー性皮膚炎も、血液検査を受けることアレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)の特定が可能で、結果に基づいて適切なお薬を使って予防することができます。

大切なご家族にいつまでも健康的に楽しく過ごしてもらうためにも、予防を心がけて皮膚の病気から守ってあげるようにしましょう。

0120-611-916

お問い合わせ

>