歯の治療

歯の治療はどうして大切なのでしょうか?

歯周病は万病の元!決して放置してはいけません

ワンちゃん・ネコちゃんのお口の病気として一番ご注意いただきたいのが、歯周病です。
歯周病になると人間と同じようなお口のトラブルが起こるほか、進行すると顎の骨が溶けてしまい、そこから常に細菌が血液の中へ侵入するようになって様々な臓器に悪影響をおよぼす恐れがあります。

こうしたことから歯周病は“万病の元”と言うことができますので、決して放置せずに、西宮市・武庫川の武庫川動物病院で適切な治療を受けてきちんと治すようにしましょう。
また、歯周病にならないように予防することも大切ですので、動物病院やご家庭でデンタルケアをしっかり行って、動物たちの一生の健康を守るようにしましょう。

歯周病になったワンちゃんの8割が弁膜症に!?

歯周病によって引き起こされる病気に弁膜症があり、歯周病になったワンちゃんの8割がこれを発症すると言われています。
弁膜症とは、血液の逆流を防ぐ役割を担っている弁が上手く機能しなくなることで、血液の一部が逆流するようになり、全身に血液が送り出せなくなる病気です。
初期には目立った症状は現れませんが、進行すると心臓に過度な負担がかかり心不全となる場合があります。

このように歯周病はお口の中だけでなく、全身にも悪影響をおよぼすものですので、しっかり予防して大切なご家族の命を守るようにしてあげてください。

全身麻酔よりも歯周病を放置する方がリスクは高い!

動物病院で歯周病の治療を行う際には、どうしても全身麻酔が必要になります。
「全身麻酔をしてまで受けなければいけないものなの?」と思われる飼い主様もおられるかもしれませんが、全身麻酔のリスクと歯周病を放置した場合のリスクを比較した時、圧倒的に歯周病の方がリスクは高いと言えます。

もちろん、全身麻酔を実施する前には徹底的に術前検査を行って安全性を高めますし、治療中も麻酔モニターでお体の状態を常時監視します。
全身麻酔に対して抵抗があったり、不安を覚えたりするお気持ちはよくわかりますが、歯周病を放置することの方が絶対的にリスクは高いですので、ためらわずにきちんと治療を受けさせてあげるようにしてください。

いち早く歯周病に気づくためには?

普段からお口の中を見る習慣をつけておきましょう

「口がにおう」「口を触ると痛がる」「ごはんを食べにくそうにしている」
このような異変をお感じになられたら、できるだけお早めに当院へご相談ください。
歯周病になっている可能性があります。

こうした異変に気づき、いち早く歯周病を発見するためには、普段から動物たちのお口に触ったり、お口の中を見たりする習慣をつけておくことが大事です。
歯に問題を抱えている子を診察する時、飼い主様からお話をおうかがいすると「口を触らせてくれない」「口の中を見たことがない」とおっしゃることが多いです。

歯周病は進行すると、歯を失うなどお口の中でトラブルを引き起こすだけでなく、全身の健康にも悪影響をおよぼす恐れがありますので、こまめにお口まわり・お口の中をチェックして異変が起きていないか確認するようにしましょう。

当院のパピークラスを是非ご活用ください

武庫川動物病院では週1回・土日に院内でパピークラスを開催していて、そちらでは子犬ちゃんと暮らす飼い主様に、歯のチェック方法や歯磨き方法などをアドバイスしております。
子犬ちゃんのうちからお口まわりを触られることに慣れたり、歯磨きに慣れたりしておくことは、後の歯周病予防に大きな効果をもたらしますので、是非、当院のパピークラスをご活用いただいて、小さいうちからデンタルケアに取り組まれるようにしてください。

今から始めても遅い?いいえ、そんなことはありません!

デンタルケアは小さいうちから始めた方が良いのですが、成長した後でも遅いということはありません。
「今から始めても遅い」と思われて、何もしないでいるのが一番良くありません。
動物たちの状態に応じてできること・可能なケアはたくさんありますので、まずはできることから始めるようにしましょう。

当院でも、「こんな方法がありますよ」「デンタルガムやアクアデント(お水に混ぜるだけの簡単なケア)を活用されてみてはいかがですか?」と色々な方法をアドバイスさせていただきますので、諦めずに今からでもデンタルケアを始めるようにしましょう。

大事なのは、決して焦らないことです。
そして、絶対に無理強いしないことです。
いきなり歯を磨こうとするのではなく、最初はお口まわりに触れるところから始めるなどして、焦らずゆっくりとできることから始めるようにしてください。

0120-611-916

お問い合わせ

>