『保湿剤の使用量①』

こんにちは、獣医師の畔柳です。

 

寒い冬は皮膚の感染症などのトラブルが少なくなる時期ではありますが、逆に乾燥により困ってしまうワンちゃん、猫ちゃんも多いですね。

保湿剤は冬こそ念入りにしてあげたいアイテムです。

 

皆様はどんな保湿剤をお持ちでしょうか?

ローション、クリーム、軟膏、最近は泡タイプのものもありますね。

「持ってはいるものの、どれだけの量を使えば良いかわからない」という方もいらっしゃると思います。

そこで、今日はこれらの使用量の目安についてお話ししたいと思います。

 

ローションタイプ

ローションタイプの場合はサッパリとした使い心地が動物にも不快感がなく、使いやすいアイテムかと思います。

ただ、主成分は水のため、「一日二回以上使用して初めて威力を発揮する」というヒトの論文もあります。

こまめに使用しないといけない点が、少しばかり面倒かもしれません。

ローションタイプの保湿剤をご使用の場合は、まずは手のひらに1円玉一枚分くらいの量を出しましょう。

これで0.5gくらいです。

この量で、成人の手のひらの面積、約2枚分を塗ることができます。

この量は最低量になりますので、もっとたっぷり塗って頂いても大丈夫です。

 

クリームタイプ

次に、クリームタイプの保湿剤ですが、しっかりした使い心地で、保湿してるな〜という安心感があります。

ただ、ものによってはベタつきが気になるところ。

毛がある部位にはとても塗る気にはなりませんね。

ただ、ゴワゴワして厚く硬くなっている皮膚なんかにはオススメです。

逆に、肥厚している皮膚にローションはなかなか浸透しないため、注意が必要です。

そんなクリームタイプの使用量ですが、人差し指の第一関節分の長さで、大体0.5gです。

ローションタイプと同じく、成人の手のひらの面積、約2枚分を塗ることができます。

 

最後に

今回は二つのタイプの保湿剤について説明させて頂きました。

外用薬って具体的な使用量が分かりづらくて使いにくい…とお悩みの方がいらっしゃったら、是非参考にしてみてくださいね。

当院では毎週金・土曜の午前に皮膚科診療を実施しております。

お電話のみでの事前予約制となっておりますので、外用薬のお悩みはもちろん、皮膚のことでお困りの方がいらっしゃいましたらぜひ当院までご連絡ください。

 

次回は、軟膏と泡タイプの保湿剤についてご説明したいと思います。

乞うご期待!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

西宮市 近辺にお住まいの方でペットに関してお悩みがございましたらぜひ武庫川 動物病院まで!

芦屋市、尼崎市、神戸市、その他の地域の方もぜひご相談ください!

【西宮市 開業獣医師会所属】

【対象動物:犬、猫、うさぎ、ハムスター】

住所:兵庫県 西宮市 上田東町 4-30

TEL:0798-40-1191

〜当院公式SNS〜

LINE公式アカウント:「@mukogawa_ah」で検索!

Instagram:https://www.instagram.com/mukogawa_ah

0120-611-916

ネット予約

お問い合わせ

>